RSS

福島遠征 ≪ 万世大路 栗子隧道内部へ ≫ 

隧道前にて記念撮影

栗子001


ついに憧れの地に、自らの足跡を刻むことが出来ました

えへへ、嬉しいぞ



さて、それでは早速内部へと進んでみましょうか





坑口から内部を望む

栗子002

霧?が漂っていて、なにがなにやら・・・・
閉塞隧道ゆえに、内部の空気が動かないのが原因でしょうか
肉眼ではちゃんと見えるんですが、電子の目はそうはいかないようです

かろうじて内壁と水面が確認できますかね?



「栗湖」へと足を踏み入れます

栗子003

坑口付近が一番深く、私の短い足では膝の少し下くらいまでの深さがあります

ちなみに、水深ではなくて「泥深」ですね、これは
坑口付近には泥が厚く堆積しており、そこに足がズブズブと潜って行くのです

水自体は、15~20cmくらいでしょうか?



隧道内壁

栗子004



天井

栗子005



後方を振り返ってみます

栗子006

ああ、日常の世界が遠のいて行く・・・・・・
無事に戻る事が出来るのでしょうか


もう少し進むと、湖は終了です



プチ崩落場所

栗子007


栗子008

エクトプラズムがうごめいています
邪魔です

AFが騙されてピントが合いません



基本的には綺麗な隧道ですね

栗子009

この辺だけならば、現役でも通用するかな?



坑口から差し込む光が殆ど見えなくなった頃、不思議な文様が目の前に現れてきました

栗子010

先人達が残した記念のサインです


この辺は新しいですね

栗子011



アクセルターンの跡まで・・・・

栗子012

DTMさんでしょうか
それとも、あの原チャリらしきタイヤの主でしょうか

ともあれ、ここまでバイクで来た人がいるんですね

脱帽です



さて、このサインがあると言うことは

栗子013

大崩落しております

隧道の天井よりも高く崩れております

ここが、一応の、行き止まり




ですが、




厳密には、まだ先があります

「そこに崩落あれば、道を探しそれを克服すべし」

栗子014

つーことで、乗り越えました

右手にライト、左手にキャノンを持ったまま


そう、何を血迷ったのか、私はここにキャノン EOS40Dを持ってきています

何でこんなデカイカメラを?

実は、コンパクトなクールピクスも準備して来てはいたんですが、なんと痛恨のバッテリー切れ
てか、電池切れ(単3仕様です)


手際の悪さがイタイです


ですが、ここはさほどの苦も無くクリア



問題は、2つ目の崩落

栗子015

こいつは強敵です

1つ目を大崩落と表現してしまったので、更に巨大なこちらは何と言えばよろしいのか・・・・


特大?(そのまんまやん)



とにかく天井の遥か上、高さにして・・・・8m?
多少大げさに言うと、10mくらいあるのではないでしょうか

大きな破片の隙間を細かい砂(コンクリの粉かな)が埋めており、足場となるところが極端に少なく、更に滑りやすくもなっています

栗子017

それでも半分くらいまでは登ったんですよ、手を使わずにね

栗子016

しかし、いかにノーテンキな私でも、さすがにこれはヤバイと思いますわ

途中に張り出していたコンクリに腰を引っ掛けて体制を保持しつつ装備の変更をします

と言ってもやったのは

キャノンをベストの内側に無理矢理押し込み、
ライトはポーチに戻し、代わりに小型のライトを口にくわえた

だけですが


それでも両手がフリーになれば、こんなん軽いもんです(ウソ)


頂上から見た、特大崩落の向こう側

栗子018

床は見えず、崩れたコンクリと岩だけの世界

頂上から少し降りた所
ここが本当の行き止まり、最終閉塞部です

栗子019

栗子隧道福島側の最深部であります


むふふ、余は満足であるぞよ


狭い空間ですが、しばらく座り込んでボーっとしてました
コーヒーでも沸かして飲んでみたいなぁ、なんてね

もちろんそんな準備はしてこなかったので我慢しましたけど



さて戻ろうか、と・・・・・・・なにやら頭の周りがうるさいんですが?

なにかが飛び回っているみたいです
ライトを振り回して正体を探ってみましたが、案の定コーモリ君でした

栗子020

特大崩落頂上より撮影
ここに写っているはずなんですけどねぇ

ダメだったか




あ、降りるのは登るのより3倍きついです

ぶっちゃけ、傍から見れば笑えるほど無様なカッコで降りてきたんでしょうな

本人マジですが




さて、第一の崩落場所まで戻って来ましたが
ここにきて今回最大のミスが発覚

私も到達記念を残しておこうと、実はあるものを準備していたのですが、それを見事にクルマに忘れて来ちゃいました

ほんとうにオロカモノです


皆様と同じく石のサインを残そうかとも考えましたが、手ごろな大きさの石がありません
かと言って何もせずに帰るのもシャクだし

って事で

栗子021

非常用のルミカライト(ペキっと折れば光るやつです)を取り出し、壁の金具に引っ掛けて来ました
何の意味があるんだって? そんなものありませんよ

栗子022

今考えると、これってゴミの放置って事になるのかな?

まずかったですかね

もし再訪することがあったら、回収してきますか



ばしゃばしゃ歩いて外へ向かいます

栗子023

ああ、太陽の光が懐かしい・・・・☆



つーことで


状況、終了!

パンパカパーン わーいパチパチパチ


帰り道

登る時は気が付きませんでしたが、スキー場跡地の遺構を見つけました

栗子024

リフトの支柱ですね

まだワイヤーも残っています

※前のレポで、栗子スキー場と紹介しましたが、飯坂スキー場 が正しい名称みたいです
訂正します



東栗子トンネルまで戻って来ました

栗子025


栗子026

どこ走ってきたんだ?って言われそうだな

街乗り仕様のコンパクトSUVなのに大変でしたね
お疲れ様でした






現時点で、AM11:00
まだまだ時間はたっぷりあります
予定では、この後山形側の坑口まで足を伸ばす事にしていました


が、


ここで思いもよらぬアクシデントが発生です



車内で休憩後、用を足そうかと外に出た瞬間、それが地獄の始まり




うっぎゃあああああ!  ドサッ(地面に倒れる音)



つっ、つったぁ・・・・フトモモが



つった、と言う表現が正しいのかどうかはわかりませんが、両足の太ももの筋肉が凄い勢いで痙攣しています
立っていることなど到底不可能な鬼のような激痛に、ただひたすらのたうちまわる哀れなオトコここに一人(無惨)


道自体は大した事は無かったから、これはあの特大崩落を登ったからだろうなぁ
そこまで強烈だとも思わなかったんだがなぁ


日頃何も運動していないオヤヂの、身の程を知らぬ無謀な挑戦に対する天罰なのでしょうか



かれこれ15分ほど、泣きながらクルマの横に転がっていましたが、なんとか動けるまでには復活したので、這い上がるようにクルマの中へ

それでもまだ痙攣と痛みが治まったわけではなく、ワタクシ完全に戦意喪失です




もういいや、帰るわ




けっ、山形側坑口よ

今日の所は見逃しておいてやるぜ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
380:NO TITLE by ひろき on 2008/05/24 at 12:31:30

トンネルの主ののろいかも(gkbr

381:えー、やっぱりぃ? by MK@YUKI on 2008/05/24 at 18:36:10 (コメント編集)

ひろきさま

そう思います?
やっぱそうなのかなぁー??

でも、呪われる様な事してないですよぉ

382:NO TITLE by 奈津子 on 2008/05/24 at 21:10:12

栗湖突入乙です。

見応えのある素晴らしいレポですた。
やはりYUKIさん さすがです^^


次、大峠山形側突破 いってみょぅw

383:NO TITLE by MK@YUKI on 2008/05/24 at 22:26:30 (コメント編集)

奈津子さま

完結までお付き合いいただき感謝感謝

>見応えのある素晴らしいレポですた
おだてられるとすぐ調子に乗りますのでホドホドに
でも、ありがとうございますです

>次、大峠山形側突破 いってみょぅw
山形の大峠と言いますと、旧国道121号線のことでしょうか?
えへ、逝って見たいですねぇ



・・・・・・・・・逝っちゃおうかな?

384:NO TITLE by ぐんそー on 2008/05/25 at 22:03:44

ルミカライト・・・放置・・・

呪い・・・

メッセージ・・・

筋肉痛・・・


どれにしても、恐いですな・・・

385:ヲイ・・・・・・ by MK@YUKI on 2008/05/25 at 22:51:04 (コメント編集)

ぐんそー殿

そんな事言わないで~v-12
わしチキンなんだからさぁ、夜トイレに行けなくなるってv-39

386:NO TITLE by 奈津子 on 2008/05/27 at 20:31:11

何度もおじゃまし・・・w

ってか何度見てもステキやし・・・この隧道・・・



独り言やで スルーしてね・・・



387:NO TITLE by MK@YUKI on 2008/05/27 at 21:24:34 (コメント編集)

奈津子さま


スル~




奈津子さんも福島遠征スル~v-448v-218

388:う~む by でこぴんロケット on 2008/05/27 at 21:31:11

逝ってみたいかもw麓に車置いて廃キング的になりそうだけどwWw

389:NO TITLE by MK@YUKI on 2008/05/27 at 23:18:43 (コメント編集)

でこぴんロケットさま

廃キングでいいんじゃないですか!?
クマさんと遭遇するかもしれませんが(ワシは遭ってないけど)何人かで行けば楽しく逝けること間違い無し!v-238



390:ご無沙汰で・・・ by Yori-yan on 2008/05/28 at 11:01:54 (コメント編集)

おおぅwww万世大路や~

ご無事の生還なによりですw
山形側坑口と明治隧道は今後のおたのしみですNE!

>足の痙攣・・・
山の神のお怒りか、明治天皇の逆鱗か、はたまた鬼県令三島クンに搾取された住民の呪いか・・・
山形側は供物持参ですかね~

391:どもども by MK@YUKI on 2008/05/28 at 15:57:37 (コメント編集)

Yori-yanさま

>今後のおたのしみですNE!
逝きたいんですが、ガソ代が・・・・・
(19インチ履いたら燃費が2km悪化しますた)
でも、あと一回は絶対逝きたい

足の痙攣は、呪いなどではなく、三島トラップのひとつではないかと考えております

ハッ!
もしや、それも呪いの一種なのか??


あな怖ろしや三島通庸

1205: by 通りすがり on 2011/04/15 at 21:48:42 (コメント編集)

懐かしいものを見せていただきました。


・・・ゴメンナサイ


アクセルターンは私です。

1208:通りすがり さま by MK@YUKI on 2011/04/16 at 22:50:06 (コメント編集)

おっとー

マジですか(笑)

こちらこそ、良いものを見させていただき感謝であります☆


栗子隧道ですが、今回の地震で崩落とかしていなければ良いのですが・・・・

▼このエントリーにコメントを残す

   

さまよえる電光掲示板 

プロフィール

MK@YUKI

Author:MK@YUKI
岩手の山奥にてひっそり孤独に活動中

愛車はスバル アウトバック
渓流釣りをこよなく愛しております

いい歳してアニメ好き
ご主人様はみゃあⅡ世(我が家のネコ)
好きな戦闘機はSu-27フランカー
好きな爆撃機はB-1Bランサー(ボーン)
好きな戦車はAMX-56ルクレール
好きな航空母艦は信濃
好きな潜水艦は轟天
好きな怪獣はキングギドラ

そんな感じ


コメント/トラックバックは大歓迎ですのでお気軽にどうぞ

ただしアダルト系は管轄外ですのでご遠慮下さい
その他当ブログの内容に関係無しと判断したモノについては予告無く削除致しますのでご理解のほどヨロシク

やる気あんのかよっ!

にゃんこ時計

ITO.CRAFT

ロッド、ルアー共に愛用しています

釣りのお供

リール、ロッド、ルアー、エギ、ウェア、パーツ等でお世話になっているメーカーさま






























にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

岩手の事なら

SUBARU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

迷わず行けるリンク

月別アーカイブ

迷走中のあなた

集いし迷い人

現在の閲覧者数:

迷子のブログランキング

何だかわかりませんが
とりあえずやってます

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

RSSフィード