RSS

蝙蝠生態調査オフ by 戸谷隧道

2009061301.jpg

昨年秋に続き、2度目の戸谷隧道

今回は、実に8名という大所帯での訪問となりました



幾つかのアクシデントが発生し、思わぬ展開となりましたが、その分ググ~っと濃縮された内容になったのではないでしょうか?




一足早く集合場所に到着した3人で、強襲偵察任務に就きます
目標は戸谷隧道北側坑口
2009061302.jpg 
メンバーは、トシピロさん、ワタクシMK@YUKI、でこぴんロケットさん(※クルマの並び順です)・・・・と、なっております

道の状況がどうなっているのか全くわからない(途中に転回場所が無い為通り抜け出来なかった場合は鬼バックになる)と言う事で、クルマをデポして坑口まで歩きます


ココの写真が無いのですが、路面は幅を除けばコンクリート舗装されている部分もあり概ね良好(良好と思ってしまう所が怖い気もしますが・・・・)

ただし、所によりゲロゲロ状態

道路の下が崩れて空洞になっている所もあるため、車両での進入は控えた方が宜しいかと思われます(※軽トラが入っていましたが、まぁそういうレベルとお考え下さい)


およそ20分くらい歩いたでしょうか?

戸谷隧道に到着です
2009061304.jpg
これでも立派な県道なんです(石川県道43号丸山加賀線)

坑口直前の路面は、前回ワタシが訪れた時よりもレベルアップしているようです
2009061305.jpg
普通車ならば腹を擦る事になりそうですし、なにより2駆では走れないのでは?という懸念も・・・


隧道内部の調査も行い(勿論蝙蝠の生態調査が目的ですから)、ひとまずクルマまで戻る事に


なんて歩き始めて10分ほど?
何やら話し声が聞こえるではありませんか

はい、ここで定刻に集合した他のメンバーと合流となりました

改めて、今回のメンバーのご紹介

表の主催者 Yori-yanさん
影の主催者 ピカさん

hon師匠
きょくちょ~さん
よととさん

トシピロさん
でこぴんロケットさん

ワタクシMK@YUKI


以上8名でございます
(14日限定でUda-yanさんも参加)

でこぴんロケットさんとトシピロさん以外は、名前を存じているだけで実際に会うのは初めての面々

皆この世界では勇名を馳せている方々ばかりなのです
緊張します(汗)


全員揃ったところで反転180度、再び坑口へ向かいます


持って来たメジャーでサイズを測るメンバー達
2009061306.jpg
人の大きさと比べて、どれだけ狭いかお分かりかと思います

そして、後から合流した5人が内部の調査に潜入していきました

追い立てられるかのように飛び出してくる蝙蝠たち
2009061307.jpg
何度も申し訳ありませんです


偵察を終えてデポした車のところまで戻ってきましたが・・・・
2009061308.jpg
なんでこんな所に8台ものクルマが

しかも8台全てが違う車種で、違うナンバー(笑)
ワタシの「岩手」が、一番ありえないかもしれませんが


と、ここでアクシデント発生!

ワタシの2台前に停まっていたCR-Vの横で、ピカさんが挙動不審に陥っています
ポケットというポケットに手を突っ込んで、なにやら非常にヤバゲな表情

ワタシ「もしかして、カギすか?」

ピカさん「カギ無いです(汗)」

なんと!

どうやら偵察中にクルマの鍵を落としたようなのです
CR-Vが動けなければ、その後ろに停まっているカレン、RAV4、レガシィも動けません

辺りを探してみるも、それらしき物体を発見する事は出来ず

おそらく隧道内部で落としたのではないか?という事で、とりあえず動けない4台は放置し、他のクルマに分乗して隧道南側坑口へ移動する事になりました

南側坑口にて
2009061309.jpg
到着してすぐ、ピカさんとトシピロさんが内部へと進入
そして、北側坑口の外で無事に鍵を発見

まずは一安心です☆
ここで、昼食タイムとなりました



これは南側坑口から入ってすぐ左にあるお地蔵様?
2009061322.jpg
騒がしい訪問者達をどう思っているのでしょう
一段奥まった所に鎮座したまま、ひっそりと見守ってくれています



さて、空腹を満たした所で、いよいよ突撃と行きましょうか☆

ワタシとでこぴんさんは、きょくちょ~さんのクルマに乗せてもらって入洞します


隧道内部については、ワタシは座っていただけなので特に語らず・・・で行きましょう
実際にハンドルを握っていた方のレポをお読み下さいませ



いざ、土木作業! 工事力エネルギー全開っ!!
2009061310.jpg
偵察時の懸念が現実のものとなりました

隧道内部は無事に通過したものの、北側坑口の深く掘れた轍につかまり走行不能となる車両が発生、強引に突破するものの、ゴリゴリゴリとイヤ~な音が・・・・

このままの状態では帰るに帰れないため、力の限り路面を均します



しかも第二のアクシデント発生!!


Yori-yanさんの黒菱号が、ブッシュに隠れた倒木に乗り上げてしまいフェンダーが大きく変形、なんと運転席側のドアが開かなくなってしまいました


やはり戸谷、一筋縄では行かないようですね
(本人は否定していましたが、やはり魔物パワーではないかと言う噂もチラホラ)



何度かのアタックの後、人力パワー併用でよととさんが隧道内部へと消えていきました
2009061311.jpg
横向いたりして、ちょっと危なかったですね~

きょくちょ~さんも続きます
2009061312-1.jpg

黒菱号は4WDの威力を発揮
2009061313.jpg
自力でクリアです

hon師匠はさりげなく、あっさりとクリア
2009061314.jpg
鮮やかなり、匠の技!(感激!!)



全員の無事な通過を確認の後、放置車両4台のオーナー達は北側の林道(県道)を徒歩で下山
自らの愛車のもとへと向かうのでありました




この後は、赤瀬ダムの駐車場にてYori-yanさんの車両の修理

セカンドステージ(高見隧道・別レポ?)

タヲル活動(ハミングバード・・・じゃなくてバードハミング鳥越)

夕食(ガストへGO!)

そして本日のファイナルステージ、居酒屋CR-V(道の駅しらやまさん)へ
※ちなみにワタクシ、プレミアムモルツ2本で早々にリタイヤしちゃいました





正直残念な所もありましたが、それ以上に有意義な一日となりました
普段は単独ですからね、どんなに眠かろうとも(爆)こういうオフ会は楽しくて仕方ありません

片道800kmくらい何時でも行きますので(ヲイ)また呼んでくださいませ


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
788: by 西の魔牛勿 on 2009/06/19 at 17:56:27 (コメント編集)

ここにも目の毒(楽しそうなレポ)が…。

789:西の魔牛勿 さま by MK@YUKI on 2009/06/19 at 21:36:16 (コメント編集)

何処かで迎撃に来るのではないかと期待していたんですがww

でも魔牛勿 が東西揃っていたらどうなっていたんでしょう?
ちょっと怖い(=楽しみな)気もしますねぇ(ヲイ)


▼このエントリーにコメントを残す

   

さまよえる電光掲示板 

プロフィール

MK@YUKI

Author:MK@YUKI
岩手の山奥にてひっそり孤独に活動中

愛車はスバル アウトバック
渓流釣りをこよなく愛しております

いい歳してアニメ好き
ご主人様はみゃあⅡ世(我が家のネコ)
好きな戦闘機はSu-27フランカー
好きな爆撃機はB-1Bランサー(ボーン)
好きな戦車はAMX-56ルクレール
好きな航空母艦は信濃
好きな潜水艦は轟天
好きな怪獣はキングギドラ

そんな感じ


コメント/トラックバックは大歓迎ですのでお気軽にどうぞ

ただしアダルト系は管轄外ですのでご遠慮下さい
その他当ブログの内容に関係無しと判断したモノについては予告無く削除致しますのでご理解のほどヨロシク

やる気あんのかよっ!

にゃんこ時計

ITO.CRAFT

ロッド、ルアー共に愛用しています

釣りのお供

リール、ロッド、ルアー、エギ、ウェア、パーツ等でお世話になっているメーカーさま






























にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

岩手の事なら

SUBARU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

迷わず行けるリンク

月別アーカイブ

迷走中のあなた

集いし迷い人

現在の閲覧者数:

迷子のブログランキング

何だかわかりませんが
とりあえずやってます

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

RSSフィード