RSS

府懸道福岡久慈線 雪谷隧道

2009091301.jpg
終焉の時を、ただ静かに待つ




仕事以外の事ではありますが、なにやら周囲が忙しくなりそうな予感がヒシヒシと・・・
当日も午後に予定が入っているにもかかわらず、今日を逃せば次は何時になるやら(汗)
という何ともせわしない状況

しかも

頑張って早起きしたら雨だし

それでも萎える心を奮い立たせて家を出れば忘れ物に気付いて逆戻り

愚痴りながら走っていたら信号無視のエスティマに割り込まれて怒りMAX!




やる気はどんどん失せて行く~(爆)




はい、前回ご紹介のスノーシェルター(シェルターて書いてあるからそう言っておきます)
2009091302.jpg
バイクで行こうなんて無謀な挑戦は懲りたので、自前の脚で行きまっせ~

ここにな
2009091304.jpg
知っているから入って行けますが、そうでなければココがかつて道だったなんで誰が思うでしょう

それでは、突撃い~(笑)
(やたらと指が写り込んでいますがお気になさらずに)


ここを抜けただけで全身ずぶ濡れになりました



とんでもない激藪は初めだけで、あとはこんな感じの普通の激藪(ヲイ)が続きます
2009091305.jpg
やがて道はガードレールから離れて登り坂に

一瞬「これでいいのかな?」と考えるも

斜面から突き出た境界標?を発見
2009091306.jpg
なんとも独創的な設置方法ですね(違うって)

とにかく、そこから左に延びる道が旧道と考えて間違い無いでしょう

植物に覆われてはいますが、意外と歩きやすいです
2009091307.jpg
どんどん歩きましょー☆

でもですね、なんとなく違和感もあったんですよ

自動車用の道路にしては、ちょっと狭すぎじゃないですか?
そりゃ狭い県道なんていくらでも走って来ましたが、ここはそういうレベルでは無いような

うまく言えませんが、車道てのは山側も谷側ももっとシャキッとしてるはず・・・



そしてその不安は現実に



どーん
2009091308.jpg
こんな道に出ちゃいました

ガレてはいますが、これはどう見ても現役の林道か何かですね
これはルートミスですね!


分岐が無いかどうか確認しながら来た道を戻りましたが、どこにもそんなものはありません


やはり最初に感じた不安は正しかったようです
最後までガードレールを辿らなかったワタクシの大失敗ですな


結局激藪終了地点まで戻り、改めてガードレールの横を進みます

ここでガードレールはおしまい
2009091309.jpg
そして

みっけ☆
2009091310.jpg
ピンクのハチマキなんて、お洒落ですねー

明らかに先程歩いた道とは違います
2009091311.jpg
今度こそ、間違い無いでしょう


これこそ旧県道!


歩き易かったり
2009091312.jpg

歩き難かったり
2009091313.jpg

一瞬水没なのかとビビッたり
2009091314.jpg

それでも構わず進みましょう
2009091315.jpg

こういうの見ると、非常に安心出来ます
2009091316.jpg

切り通し
2009091317.jpg

2009091318.jpg

こういうモノも、安心出来ますね
2009091319.jpg

2009091320.jpg

何時の間にやら道は川へと変貌していました
2009091321.jpg
ズボズボで歩き難い事このうえなし

足が抜けなくなり、転びそうになる事数えきれず
ギャーギャー喚きながら足を引き抜き前進前進また前進


やがて


来たか?


来たよ~!



倒木に埋まり、何が何やら判別できませんが
2009091322.jpg


雪谷隧道 到着ぅ!



意図的に塞いだのか?とも思えるような無数の倒木が坑口を覆っています
2009091323.jpg

2009091324.jpg

2009091325.jpg


2回ほど転倒しつつ、やっと坑口までたどり着きました
2009091326.jpg
内部の様子は・・・

ギャース!
2009091327.jpg
閉塞隧道にはありがちですが、内部に霧?が溜まっていてフラッシュの光が反射するんですよね
(栗子隧道でも苦労しました)

ゆえに、なんにも写りません

フラッシュを使わずに頑張ってはみたものの、これが限界でした
2009091328.jpg
どなたか、上手な隧道の写真の撮り方を教えて下さい



上にも書いている通り、この隧道は坑口から30mあたりで天井の崩落により閉塞しています
両側の壁も崩れてきており、いつ終焉を迎えてもおかしくない状況なのです


人の手で埋められてしまう事は無さそうですけどね



帰り道、そろそろ現世に戻る頃かな?というあたり

水路ですか?
2009091329.jpg
こんなのあったっけ??

どうやら帰り道でもルートを外れたようで
2009091330.jpg

なして反対側に出るかな(汗)
2009091331.jpg


うん、激藪通らなくてすんだからラッキーだね






ラッキーなのか、ヲイ・・・・

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
811: by take。 on 2009/09/18 at 20:27:56 (コメント編集)

ぉぉぉ、見事な廃道っぷりですねー☆
通算して10年久慈市に住んでいたのにこの道の存在はまったく知りませんでした。
しかもこんな隧道まであったとは驚きです。
国土地理院の地図でも抹殺させてますしねぇ・・・。

またどこかの藪漕ぎレポ、楽しみにしてます♪

でわ。

812:take。さま by MK@YUKI on 2009/09/21 at 13:53:54 (コメント編集)

まいどどうもー

トンネルならばいざ知らず、スノーシェッドの横に旧道があるとは思いませんよね~
時間があったならば山を越えて反対側の坑口も確認したかったんですけど、それはまたの機会にと言う事で

817: by コスモ on 2009/10/10 at 16:50:34 (コメント編集)

岩手にもまだまだ知られてないところがあるんですねー。いや、あちこちもともと交通の便がわるかったのだから、きっとどこかには眠ってるんでしょう。近くでもさがしてみようっと。

818:コスモ さま by MK@YUKI on 2009/10/11 at 22:02:59 (コメント編集)

はじめまして、コメありがとうございます

岩手は広いですからね、まだ何処かにお宝が眠っている可能性は充分あると思いますよ

面白い物件を見つけたならば、是非教えてくださいませ☆

▼このエントリーにコメントを残す

   

さまよえる電光掲示板 

プロフィール

MK@YUKI

Author:MK@YUKI
岩手の山奥にてひっそり孤独に活動中

愛車はスバル アウトバック
渓流釣りをこよなく愛しております

いい歳してアニメ好き
ご主人様はみゃあⅡ世(我が家のネコ)
好きな戦闘機はSu-27フランカー
好きな爆撃機はB-1Bランサー(ボーン)
好きな戦車はAMX-56ルクレール
好きな航空母艦は信濃
好きな潜水艦は轟天
好きな怪獣はキングギドラ

そんな感じ


コメント/トラックバックは大歓迎ですのでお気軽にどうぞ

ただしアダルト系は管轄外ですのでご遠慮下さい
その他当ブログの内容に関係無しと判断したモノについては予告無く削除致しますのでご理解のほどヨロシク

やる気あんのかよっ!

にゃんこ時計

ITO.CRAFT

ロッド、ルアー共に愛用しています

釣りのお供

リール、ロッド、ルアー、エギ、ウェア、パーツ等でお世話になっているメーカーさま






























にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

岩手の事なら

SUBARU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

迷わず行けるリンク

月別アーカイブ

迷走中のあなた

集いし迷い人

現在の閲覧者数:

迷子のブログランキング

何だかわかりませんが
とりあえずやってます

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

RSSフィード