RSS

宮戸島 隧道弐連発

murohama00.jpg


宮戸島の隧道、残り2本のご紹介です


ちなみに徒歩での訪問のみです


まずは室浜隧道から

いかにも「松島」といった景観のなかに埋もれています
murohama02.jpg

murohama01.jpg
向こう側の真ん中に、なにやら障害物らしきものが見えますが・・・・それについては後ほど


内部の様子
murohama03.jpg

murohama04.jpg
かなりサビサビ(笑)
まぁコレだけ海に近いのだから仕方ないですね


さて、障害物の正体ですが
murohama05.jpg
ゲージでした


一応このくらいの幅は確保されています
murohama06.jpg
モデルは、でこぴんロケット氏でございます☆


遊んでみたかったのですが、実はそこそこの交通量があり(我々がいた5分ほどの間に4台)、しかも意外と(?)活気のある漁港だったので止めておきました



てか、みなさん普通に通ってるくらいですからねぇ(爆)





最後は小船戸隧道です

民家のすぐ脇にあったりするので、お行儀良く観賞するのであります
kofunato01.jpg

kofunato02.jpg

細かい掘削の跡が無数に残る壁面
kofunato03.jpg
手作業で、こつこつと丁寧に掘られたのが良くわかりますね


特に崩落の痕跡は見受けられませんでしたが、現在はゲートによって車両の通行は遮断されています






以上で宮戸島の隧道巡り、終了であります

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
967: by むねぞう on 2010/05/07 at 20:53:40 (コメント編集)

モデルに噴きましたww 
地元ですと隧道前でもくつろぎたくなりますよね…って、なにしてんスか好青年w

漁村にある隧道はまた山の中にある古い隧道とは一味違いますねぇ。三重や和歌山でも時々こういったところはあります。何というか、古さは感じても退廃や荒々しさが無い感じです。

969:むねぞう さま by MK@YUKI on 2010/05/09 at 10:24:01 (コメント編集)

ノリが良いといいますか、ほんと好青年ですよねー彼は(笑)

>漁村にある隧道はまた山の中にある古い隧道とは一味違いますねぇ
トンネルを抜けると、雪国だった・・ではありませんが、山奥の隧道と、抜けた先に海がある隧道とでは、やはり感じ方が違うのかもしれませんね

▼このエントリーにコメントを残す

   

さまよえる電光掲示板 

プロフィール

MK@YUKI

Author:MK@YUKI
岩手の山奥にてひっそり孤独に活動中

愛車はスバル アウトバック
渓流釣りをこよなく愛しております

いい歳してアニメ好き
ご主人様はみゃあⅡ世(我が家のネコ)
好きな戦闘機はSu-27フランカー
好きな爆撃機はB-1Bランサー(ボーン)
好きな戦車はAMX-56ルクレール
好きな航空母艦は信濃
好きな潜水艦は轟天
好きな怪獣はキングギドラ

そんな感じ


コメント/トラックバックは大歓迎ですのでお気軽にどうぞ

ただしアダルト系は管轄外ですのでご遠慮下さい
その他当ブログの内容に関係無しと判断したモノについては予告無く削除致しますのでご理解のほどヨロシク

やる気あんのかよっ!

にゃんこ時計

ITO.CRAFT

ロッド、ルアー共に愛用しています

釣りのお供

リール、ロッド、ルアー、エギ、ウェア、パーツ等でお世話になっているメーカーさま






























にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

岩手の事なら

SUBARU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

迷わず行けるリンク

月別アーカイブ

迷走中のあなた

集いし迷い人

現在の閲覧者数:

迷子のブログランキング

何だかわかりませんが
とりあえずやってます

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

RSSフィード