RSS

カーディフ かっ飛びチューンをやってみた!

2011071902.jpg

HEDGEHOG STUDIO製
その名も「かっ飛びチューニングキット」(笑)

キットと言ってもベアリングが2個だけなんですが、「淡水プレミアム仕様 かっ飛びチューニングベアリング」なんてカッチョイー名前がついております

メーカーさん曰く
「通常の2倍以上の行程を得て磨き上げられたベアリングだけを厳選してチョイスしています」
との事
よくわかりませんが、なんか凄そうです

その凄そうなベアリングを、スプールシャフトのベアリングと交換して飛距離を伸ばそうという企みなのです
その効果の程や如何に!?



それでは早速取り付けてみましょうか☆




まずはDCユニット側のベアリング交換です

サイドプレートはネジ1本緩めるだけで外せます
2011071903.jpg
内部に収められたI-DC4(インテリジェントデジタルコントロール4モードブレーキユニット)
これもよくわかりませんが凄そうなシステムです

ネジ3本でスプールごと外れます
2011071904.jpg
シャフトが汚いですね~(汗)

さらにDCユニットを分解していくとベアリングがこんにちは
2011071905.jpg

右が純正のベアリング
SA-RBという防錆処理されたタイプで海での使用もOK
2011071906.jpg
左が今回取り付けるベアリング
淡水仕様とはなっていますが、ステンレス製なので海水域での使用も可能だそうです

スプールシャフトも清掃しておきました
2011071907.jpg
シャフトにくっついている円筒形の物体は、DCユニットの片割れ(発電用?)です
こいつのせいでスプールの重量が増加しているような気がしないでもないのですが、見なかった事にしましょう

反対側(メカニカルブレーキ側)の交換はいたって簡単
2011071908.jpg
ダイヤルをグリグリ回して外せば、そこにあります


ベアリングは両側とも細いワイヤーのクリップで固定されているので、外した時に何処かに飛ばしてしまわないよう注意する事・・・・わーにんはこれだけですね


はい完成☆
2011071909.jpg
のんびりやっても30分くらいの作業時間で出来ました



さて、これだけでは何がどう変わったのか全然わかりません

実際のフィールドで実践テストといきましょう



やってきたのは根田茂川(砂子沢)のこんなポイント
DCF00061.jpg
デジカメを忘れてきたので携帯で撮影してます


ポイントの選択理由は、広くて投げやすいところだから(笑)


まずは普段使っている蝦夷タイプⅡ(5g)をチョイス

最初はキャストではなく自重で落下させてみましたが、この時点で既にスプールの回転の軽さがわかります
何の抵抗も無しにストンと落下してしまいました

おー、これはイケテルかも?

ワクワクしながらの第1投目
流れの落ち込みあたりを狙って・・・おおー軽い軽い☆なんとも軽~~く飛んでいくではないですか
スプールの回転の立ち上がりがめちゃめちゃスムースで、ラインを引きずっている感覚が殆どありません

あまりに軽く回るので、1投目は盛大にバックラッシュかましてしまいました(汗)

実際のところ5gをフルキャストするほどの広さはなかったので飛距離がどうのとは言えないのですが、これだけ軽く飛んでいくのだから確実に飛距離も伸びているでしょう


これならウェイビーでもOKじゃないの?

て事で、続いてはベイトでの使用を諦めていたウェイビー(3g)
こちらはフルキャストでいってみました

おぉ、あそこまで飛ぶかい☆

リリースポイントがつかめなくて変な方向に飛んでいくのは相変わらずでしたが(笑)渓流と言うシチュエーションならば十分でしょ、と言うくらいの飛距離が得られました

これは使える!



大好きなベイトタックルで、大好きなウェイビーを使い、大好きなヤマメを釣る


そんな日も近いね(むふ)






おまけでイワナ君が2匹釣れましたよん
DCF00059.jpg

DCF00060.jpg



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1403: by はんちゃん on 2011/07/29 at 19:37:47 (コメント編集)

これで大場所での対岸に小さなルアーを投げ込んで うーん オオヤマメを引きずりだせますね
ベアリングでそんなに変わるんですね ラインは0,6ぐらいで40オーバーがかかれば面白いんですけどねえ
この時期でもルアーで勝負する あなたはえらい
難しいと思ってますが さすがです

1404: by アサタカ。 on 2011/07/30 at 21:35:05

ベアリングキットですか!

なんだか少年時代のラジコンカーのベアリングキットを思い出してしまいます。。。
ベアリングも例えばシールドを全部はずして灯油でシェイク後にせん断抵抗の少ないテフロン系のオイルに浸して・・・なんていうのもラジコンのときにはやりましたが、実感できる差がなかったんですよね。。。
なので実際に違いが感じられるそのキットは、きっといいものなのでしょう(キットだけに)。

1405:はんちゃん さま by MK@YUKI on 2011/07/30 at 22:20:50 (コメント編集)

>ベアリングでそんなに変わるんですね
例えれば、今までただのブッシュだったところをベアリングに変えたとき、みたいな違いでしょうか

>ラインは0,6ぐらいで40オーバーがかかれば面白いんですけどねえ
ラインはともかく(可能な限り丈夫なラインを使いたいヘタレなワタシ(笑))40オーバーのヤマメなんて一度で良いから釣ってみたいですね~
会社の後輩(直接の知り合いではないけれど)は、昨シーズン50オーバーを2本もあげたそうです羨ましいいいい~~!

1406:アサタカ。 さま by MK@YUKI on 2011/07/30 at 22:35:13 (コメント編集)

>なので実際に違いが感じられるそのキットは、きっといいものなのでしょう(キットだけに)。
思わずドキットしちゃいました(意味不明(苦笑))

いやワタシも「良くわからんけど何か飛ぶようになった気がするな~」程度の違いしかないんだろうとたかをくくっていたのですが、なかなかどうして、良い仕事しております☆

でも確かに微妙な違いではありますよ
今まで最低でも3.8gは欲しかったルアーの自重が、3gでもOKになったと、その程度の差です
いつも使っている人でなければわからないでしょうね

▼このエントリーにコメントを残す

   

さまよえる電光掲示板 

プロフィール

MK@YUKI

Author:MK@YUKI
岩手の山奥にてひっそり孤独に活動中

愛車はスバル アウトバック
渓流釣りをこよなく愛しております

いい歳してアニメ好き
ご主人様はみゃあⅡ世(我が家のネコ)
好きな戦闘機はSu-27フランカー
好きな爆撃機はB-1Bランサー(ボーン)
好きな戦車はAMX-56ルクレール
好きな航空母艦は信濃
好きな潜水艦は轟天
好きな怪獣はキングギドラ

そんな感じ


コメント/トラックバックは大歓迎ですのでお気軽にどうぞ

ただしアダルト系は管轄外ですのでご遠慮下さい
その他当ブログの内容に関係無しと判断したモノについては予告無く削除致しますのでご理解のほどヨロシク

やる気あんのかよっ!

にゃんこ時計

ITO.CRAFT

ロッド、ルアー共に愛用しています

釣りのお供

リール、ロッド、ルアー、エギ、ウェア、パーツ等でお世話になっているメーカーさま






























にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

岩手の事なら

SUBARU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

迷わず行けるリンク

月別アーカイブ

迷走中のあなた

集いし迷い人

現在の閲覧者数:

迷子のブログランキング

何だかわかりませんが
とりあえずやってます

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

RSSフィード